ひまつぶし

場面緘黙症のこと、好きなこと、いろいろ

場面緘黙症を知ったきっかけ

最近では世界仰天ニュースやバリバラなどメディアで取り上げられることが増え、場面緘黙症という言葉を知っている人も多くなったのではないだろうか。

 私が「場面緘黙症」を知ったのは、ネットで検索したことがきっかけだった。

当時高校生だった私は発表の時以外はほとんど喋らず、クラスメイトとの意思疎通は首振りで行っていた。その様子をみた担任の先生は、私に冷たい態度で接するようになった。例えば、朝の出席確認で名前を呼ばれ返事をしたのに、「聞こえない」「居ないのか?」と、目が合っているにも関わらず嫌味な口調で言われたり、唐突に「虐められてるのか?」と聞いてきたり。先生は喋らない私を軽蔑するような目で見ていて、それに耐えなければならない毎日が苦痛で仕方なかった(「先生」という立場の人だったから尚更悲しかった)。

話せるようになるには私のことを知っている人がいると駄目な気がしていたから、同じ中学出身の人が少ないであろう高校を選んだ。入学して間もない頃は自分から話しかけたり、出来るだけ言葉にして返事をしたりと頑張ったつもりだったが、だんだん過去の自分と同じくらい喋れなくなって、結局何も変えることができなかった。

もう一生このままなのでは?って不安になるわ、頼りたい人からは冷たくされるわで、だんだんネットの中に救いを求めるようになった。当時「ググる」という言葉が流行っていて、なんとなく「喋りたくても喋れない」とググってみたら、「場面緘黙症」っていう文字がヒット。この症状に名前があったことに驚いたし、同じように悩んでいたのが私だけじゃなかったことにすごく安心した。今まで「何で喋らないの?」と聞かれるたびに、自分でも分からないから答えようがなかったけれど、やっと答えが見つかったように思えて嬉しかったのを覚えている。

あの頃に比べると、ネットはもちろん、テレビや新聞や本などいろいろな媒体で緘黙症を目にするようになった気がする。場面緘黙症は早めに対処すればするほど後の人生で躓きにくくなると個人的には思うので、当事者や保護者のかたが情報を得やすい世の中になったのはすごいことだと思う。

そういえばバリバラの緘黙特集第2弾が予定されているみたいで、どういった内容になるのか非常に楽しみだな〜。